前へ
次へ

一戸建ての内見の際に持っていきたい物

一生の買物ともいえる一戸建ての購入においては色々欠かせない事がありますが、物件の内見もその中の1つです。
そんな内見には手ぶらで行かず、持っておくと良いグッズがあります。
まず1つ目が、カメラです。
一戸建て内の各部屋や外周、さらには周辺環境に至るまで、不動産会社のホームページ等では確認しきれない点を家に帰って確認するために、必要不可欠といえます。
次に欠かせないのが、メジャーやペン等といった文房具の数々です。
洗濯機や冷蔵庫等を置くスペースの寸法を測り、それをメモして家電量販店に行くと新生活のスタートがスムーズになります。
不動産会社が準備してくれる、一戸建ての図面も必ず携帯しましょう。
建てられた当時の図面と、現状は違っている場合も多々あります。
中には、見取り図だけを参考にして一戸建てを購入して、扉の位置等が大きく違って計画が狂ったという話も良く聞きます。
それ以外にも、床にホコリが溜まっている時もあるので、替えの靴下やスリッパ等も持っておくと良いでしょう。

Page Top