前へ
次へ

一戸建て住宅の購入は安全性を優先しよう

近年頻発する自然災害により建物に対する耐久性や耐震性に関心を寄せる人が増えています。
一戸建て住宅の購入を考えている人は家族の生命を守ることができる安全な家を選ぶことが必要です。
もし中古の一戸建て住宅の購入を考えているのなら、昭和56年の6月1日以降の建物であるかどうかを確認しておきましょう。
それ以前に建築されたものは旧建築基準法による建物なので耐震補強工事などが必要になるかもしれません。
それらにかかる費用も考慮したうえで検討しましょう。
新築の一戸建て住宅なら新しい建築基準法で建てられています。
そして各ハウスメーカーでは揺れに強い家づくりについて研究を重ねています。
独自に開発した耐震工法を持っている業者もあり、より堅固な建物となっています。
例え大きな地震が発生したとしても完全に倒壊する確率は極めて低く、安心して暮らすことができます。
そのような耐震性を売りにしている業者が主催している住宅展示場へ足を運び、実際の施工例を体感してみましょう。

Page Top